カンファレンス・展示

5th International Conference on Scalable Vector Graphics

カンファレンスは2007年9月4日から7日まで東京で開かれますLink to English version
基調講演

開会基調講演

Tatsuo Kobayashi小林龍生, ジャストシステムデジタル文化研究所

概要: 最近、ウェブテクノロジーの適用分野の拡大とともに、ユーザーコミュニティーからの要請も急速に増加しています。これらの要請は、単に多様であるだけではなく、時にお互いに矛盾することも少なくありません。さらに、これらの要請に対して、単一の解決方法で対応することは、ほとんど不可能であるだけではなく、場当たり的で恣意的な解決策が、システム全体の整合性を破壊することすらあります。一方、文化的多様性をサイバースペースの中でも保っていくことは、情報技術の重要な役割です。本講演では、ぼく自身のさまざまな苦い経験談を通して、ユーザーコミュニティーからの多様な要請と情報技術専門家の解決策を調和させる可能性について考えてみたいと思います。

略歴: 小林龍生(こばやし たつお)ジャストシステムデジタル文化研究所所長。現在、ISO/IEC JTC1/SC2(国際符号化文字集合(ISO/IEC 10646)担当) 国際議長。文字符号の標準化と国際化の活動において、日本代表団の一員として、また、ユニコードコンソーシアムの一員として、主導的な活動を行っている。その専門性は、符号化文字集合の分野にとどまらず、文化と情報技術が交わる分野で幅広い活動と発言を行っている。特に、日本を代表する仮名漢字変換システムであるATOKの開発に文化的、日本語学的観点から助言を行う「ATOK監修委員会」を組織化、運営してきたことは、コンピューターによる日本語処理の歴史上、特筆に値する。

基調講演: xfy - unlock the potential of SVG and XML for your desktop

Hideki headshot

樋浦秀樹, JustSystems North America Inc., CTO & Chief Scientist

概要: ユーザとXMLデスクトップ基盤の双方向インタラクションを提供する、柔軟で汎用的なXML複合文書プラットホームとSVGエンジンが出会ったとき、SVGはインタラクティブアプリケーションプラットホームの重要な部分となり、SVGが今まで使われていた以上のものになります。本基調講演では、複合XML語彙のための一般的なXMLプラットホームをどうデザインしたかについて、その構造のユニークさとともにお話します。また、どうやってユーザが様々なアプリケーションを構築する上でSVGを利用することができるようになるかについてもお話します。

略歴: Hideki Hiura is CTO and Chief Scientist of JustSystems North America, Inc. He is a founder and chairperson of OpenI18N.org/Free Standards Group, an independent, nonprofit organization dedicated to accelerating the use of free and open source software by developing and promoting standards. He is also a founding member of W3C I18N WG. As an architect at Sun Microsystems, he was involved with variety of standards and standard organizations including ISO, W3C, OMG, The Open Group, OSF, Unix International, X Consortium and Unicode.

基調講演: The next step - How Opera enables you to build rich internet applications for the web

Erik's headshot

Erik Dahlström, Opera Software ASA

概要: 本基調講演ではもうすぐリリース予定の Opera ブラウザについてお話しします。新しい Opera には数多くの改良がありますが、その中にはSVG Full 1.1とSVG Tiny 1.2両方についての処理エンジンの書き直しと改良が含まれています。

略歴: Erik Dahlström is the SVG team leader at Opera Software ASA, where he's been working as a software developer since 2001. He holds an MSc degree in Computer Science and Engineering from the Institute of Technology at Linköping University (LiTH), Sweden. Since 2005 Mr Dahlström has been the primary representative of Opera Software on the W3C SVG Working Group.

基調講演

Eugene LazutkinEugene Lazutkin, dojo.gfx; Sun Microsystems

概要: 本基調講演では現在のクライアント側のWebグラフィックスを概観し、JavaScript開発者向けの高レベルなグラフィックスパッケージであるdojo.gfxについてお話します。dojo.gfxの作成に至るまでや、API構成の設計指針や、実装時の問題などについてお話します。

略歴: Eugene Lazutkin is a veteran software developer with Sun Microsystems. His professional interests include new technologies for high-performance web applications, visualization, and user interface design. He is a Committer at Dojo Toolkit - the Open Source project aiming to deliver a set of high-quality JavaScript libraries for professional web development. These days his main focus at Dojo is on graphics, and graphics-related development. Eugene Lazutkin spent years working on high-performance graphics with applications in oil & gas industry. In beginning of 2000s he developed general-purpose Internet-based GIS solutions. In his spare time Eugene enjoys programming for fun.

閉会基調講演

Eugene headshot高木 悟, KDDI研究所

Biography: Satoru Takagi is a researcher and developer at the KDDI R&D Laboratories where his research interests include Web Geospatial Information Systems (GIS) and Web Mapping Systems. In 1996, he invented a distributed GIS which can overlay a map of graphic layers on the Web. The system's technology was incorporated into the Scalable Vector Graphics (SVG) 1.1 specification and opened to the public. He is now developing and trying to standardize a new Web GIS and Web Mapping Platform using SVG and Semantic Web architecture, to enhance a human- and machine-understandable geospatial information system. His standardization activities has included participation in the W3C Geospatial Incubator Group as an Invited Expert, PlaceXML standardization for Japan Industrial Standard and ISO TC211.

Valid XHTML 1.0! Valid CSS